1/12 TAMIYA カワサキ ZZR1400 製作その5

大きなパーツから塗装していっています。先にグロスブラックで下地塗装を施したホイール部分にも、前回使用したクレオスのGXブルーゴールドをとそうしました。

さらに、同様にカウルにも塗装します。

今回目指しているカラーは赤のキャンディ塗装で、下地にはシルバーではなくゴールドを使用しました。こちらを使用したほうが、やや温かみのあるメタリックレッドになってくれるような気がします。正直このあたりは完全に好みというか、いろいろやってみて自分の好きな組み合わせを目指すほうがいいかもです。

ゴールドの塗装が乾いたら、クリアーレッドにクリアーを混ぜて吹き付けます。使用したカラーはガイアのNo041クリアーレッドとクレオスのGX100スーパークリアーⅡです。クリアーを混ぜるのは、クリアーレッドを薄めすぎてシャバシャバになるのを防ぐためです。ちなみに私はクリアーを薄める場合の濃度調整が未だに慣れません…w

あとは、フラットブラックの塗装を少ししました。比較までにセミグロスブラックで塗ったエンジンを置いています。

フラットブラックは、通常使用しているGX2ウイノーブラックに対し、No30フラットベーススタンダードを添加して作ったものです。しっかりとマットな仕上がりになってくれて満足です。こうやってツヤの調整を行うだけでテクスチャが変わって面白いですよね!

今日はここまでです。ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA