1/12 TAMIYA カワサキ ZZR1400 製作その12 完成編

ついに完成したZZR1400!写真をご覧くださいませ~

以上、ZZR1400の製作でした!ご覧いただきありがとうございました!

いくつか経験しているタミヤのバイク模型のなかでも、組み立てやすい部類だと思います。また、メッキパーツやクリアパーツが多用されライトやマフラーの迫力が出ているのは勿論、インレットマークによってサイドミラーやブランド名がカッコよく決まるのは個人的にかなりポイントが高く、コスパ良好なキットの印象でした。難易度が高い点としては、カウルの左右張り合わせが必要なくらいでしょうか。ただ、これは全てのバイク模型に当てはまることなので、このキットに限った話ではないのですが。。。それと、デカールが古いので評価できないののですが、かなり破れやすかったです。もしデカールの劣化でなく特性だということであれば、個人的に扱いづらいデカールですね。貼るのはブレーキランプ、ナンバープレート、計器類程度の小面積だったのが救いでした。

前回作成したDucati panigalesと比べると、こちらのキットのほうがカウルの難易度がやや高めで、その分デカールの貼る手間が少な目、といったところでしょうか。

今年の9/15ごろに新たなバイク模型として、タミヤからヤマハYZF-R1Mが発売予定ですね!タミヤはバイク模型を作り続けてくれているので本当にありがたいです。皆さんも好きなバイクのキットからでも、手に取ってみてはいかがでしょうか?

では~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA