模型用の工具や冶具(ジグ)を自作する~アングル材編②~

余ったアングル材で他にも自作ツールを考えたいと思います。今回は、やすり台をリファインしようと思います。下の画像は私が何年か前に自作したやすり台。基部に敷いたレールの溝に台座がはまることで、基部壁面と平行にスライドさせることが出来ます。(正式名称は、なんというんでしょうね。。。)

そして長年使っていたことと、プラスチック製ということもあり、精度に難が出てきました。

完全スコヤを当てて直角か確認してみると…少し開いているようです。力がかかるともっとしなってしまい、精度が落ちる原因になっていたことが予想されます。

陰になって見にくいものの、目視でも末端部の開きが見て取れる。

正直、このやすり台の裏からアルミアングルを当てれば終了なのですが、それではあまりにつれないので新作を作ろうと思います。

まず、アングル材の長さを決めます。今回はタミヤプラ板の規定の長さにあわせることにしました。

12cmにアルミアングルを切断。手での切断はしんどい。

次に両面テープを上面に丁寧に貼ります。

きっちりと揃えて貼る。余りが出るようにし、カットするとうまくできる。

それから剥離紙を剥いてプラ板を貼り、余りを裏から刃を当ててカットします。

厚さは0.5mmを使用。
薄いので刃を滑らせると簡単に折り取れる。

このプラスチック面に対し、5mm角のプラ材を貼ります。貼る前にプラ材のヒケがなんとなく気になってヤスリ掛けして均しましたが、多分というかほぼ確実にやる意味なかったと思われます。そしてこのプラ材を、アングル材の壁面と平行になっているか細心の注意を払いながら接着します。今回、写真に写っているヤスリ版が丁度よい幅を出してくれたため、これを沿わせてガイドとしました。

結構ヒケている。しかしヒケている位置や、前作で不満が無かったことからも、この作業は要らなかったと思われる。

台座の制作は簡単で、とりあえず適当にカットしたプラ板の裏に、5mmのプラ材を収まる程度の長さにカットして接着します。ガタつかないよう、接着時に間にプラ材を挟ませましょう。

後は台座の上に縁を付けます。接着にあたり、きちんと直角が出るように前回制作した(というかカットしただけ)のアルミアングルを当てます。

こうやって簡単に直角出しができるので、ぼんやり作業していても狂いが出ないのがうれしい。

完成しました!やすりの取り付け方として、両端をクリップで挟むことで両面テープ無しで作業できるようにしています。適当な幅にカットした紙やすりをダイレクトに挟むスタイルと、先の画像で出てきたヤスリ版を挟むスタイルのいずれも選択できるよう、台座のレール部をあえて中心からずらしています。

こんな感じで目玉クリップで両端を止めているだけ。

今回完成したやすり台を使って、試しに5mmプラ角材をサイコロ状に成型してみました。ちょっと見にくいですが、黒く塗ったのがヤスリ掛けした面です。

フリーハンドでヤスるのでは中々得られない面出しが簡単にできる。

アルミアングルは十分な強度があるので、前作のような角度の狂いが出ないことが期待できます。お値段も手ごろですので、ホームセンターに足を運んでみてはいかがでしょうか。次回も工具ネタを予定しています。ではまた~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA