1/144 HG エールストライクガンダム 製作 その4 塗装編

HGエールストライクガンダムの塗装の続きです。

白に塗り分けたいパーツである、エールストライカーパックの羽根や、シールドを白いサーフェイサーで白くします。使用するのはMr.フィニッシングサーフェイサー1500ホワイト。

このようにバッチリ白くなってくれます。

羽根パーツ含む赤色パーツに対し、赤色を塗り重ねます。使用するのはクレオスのGXハーマンレッド。

綺麗に赤色になってくれました。

色味も似ているので赤パーツの見た目にほとんど変化ありませんが、ゲート跡が白色化していても綺麗になります。

羽根パーツの塗りわけに対し、次に赤の個所をマスキングして、残りを黒く塗るのですが、このときに付属のシールを使ってしまいます!

シールはマスキングテープよりも粘着力があるので、あえて肌に貼るなどして粘着力を少し弱めたほうが良いかもしれません。今回私の場合はそのまま張り付けてしまいました。

継ぎ目の個所が浮いていたので、マスキングテープでフォローし、この上から黒を塗ります。おなじみクレオスのGXウイノーブラックを使います。

左がはがしたバージョン。きれいに塗り分けできました。

最後に付け根をエナメルのジャーマングレイで塗装して塗り分け完成です!

そのほかのパーツもどんどん塗っていきます。

赤色のパーツの対し、クレオスのクリスタルカラーのルビーレッドを吹きます。

写真ではわかりませんが、きれいなパール感が出ました。

フレーム分にはクレオスのガンダムカラーであるファントムグレーにフラットベースを足して艶消しに振ったものを塗ります。

シックに仕上がりいい感じです。

最後に、白のパーツにはクレオスのGXクールホワイトを塗装した後、ホワイトパールを吹いてパールに仕上げました。

が、肉眼でもわずかな変化しかなく、写真では恐ろしいほどまったく見分けがつきませんでしたので、写真は割愛します。

あとはパーツにスミイレを施し、顔のシールを貼って組み立てて完成です!

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA