1/144 HGトリスタンガンダム改修18 完成編

長くかかりましたHGトリスタンの改修が済み、完成品のお披露目です。

ノズル部の開口とディテールアップがおわかりいただけますでしょうか。

お尻のバーニアを開口してディテアップしてます。

肘を移植したのでこのようにビームサーベルをつかむ動作もイケます。

あと、キットのギミックとしてなぜ盛り込まなかったのか疑問だったガトリングも再現しました。

膝の可動範囲も拡大させたので、元のキットよりも深く曲げられます。が、よいポーズが思い浮かばず、やや強引なポージングで。

以上、トリスタンガンダムでした!キットとしての出来が悪く酷評されているプラモですが、プロポーション、なかでも特に顔はカッコいい出来で、色々と惜しいというか残念な気持ちです。あと撮影して感じたのは、僕のポージングと写真撮影の技術がクソっていうことですね。せっかくよくできたと自画自賛していたのに、カメラに収めると一気にド素人感がめちゃくちゃ醸し出されちゃってます。いや、実際ド素人なんでしかたないんですけどね。もう少し勉強と工夫が必要のようです。

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA